記事詳細

ロボットの未来と過去


先日ネットで「AIとロボット技術が進み人が働く機械が奪われていく」と言う記事を見かけました。
子供の頃に鉄腕アトムを見て、こんなロボットが居たら楽だろうとは思っていましたが、はるかに遠い未来の話と考えていました。

私が大学生の頃は「ロボット工学」で人の動きの代わりをする研究は盛んでしたが、今では「ロボティクス」と呼ばれ、AIとロボットをセットで考えるようになってきました。
決まった動きをするだけでなく、自身で考えて行動できるロボット、まさに鉄腕アトムに近づいてきました。鉄腕アトムの場合は感情までも持っていますからそのレベルを考えたらまだまだなのでしょうが。

では、将来ではなく過去のロボットを考えた時に日本でロボットのさきがけと言うとなんでしょうか?
皆さん1度は見たことあると思いますが江戸時代からある「茶運び人形」です。機械的な自動制御や直進性をあの大きさで備えたのは、世界に誇る日本の技術力のさきがけでもあると思います。

寛政9年(1796年)に細川半蔵によってかかれた『機巧図彙』(からくりずい)に茶運び人形や和時計などの機構が書かれているので、メカ好きな人は調べてみると面白いかもしれません。

参考:ウィキペディア/機巧図彙
https://ja.wikipedia.org/wiki/機巧図彙

コンサルタント:E