記事詳細

テックコラム

Designerとエンジニア

まだ私が髭を生やしていたエンジニアだった頃、英語圏の設計者の方とお話をする機会があり、
『Product Designer』
とご自身を紹介されたときに、んっ?と感じました。

“機械系エンジニア” とか、”熱きエンジニア魂”、など 【設計者=エンジニア】 を意識してきた私にとって、
“Hello, Designer!” くらい初めまして感がありました。

 

Designerの役務であるDesignの語源は、“指示する、表示する”を意味するラテン語のDesignareからきており、言い換えると、“計画する、策定する”、“形を作る”ということになります。
つまりDesignerは、“問題を発見し、解決するために思考・概念を組み立て、それを形作る人“なのです。

 

ではエンジニアとDesignerは何が違うのか?
私なりの考えですが、
エンジニアは、構造や安全性、コスト、等々の機能の視点でモノの具現化をする属性の人達
Designerは、誰が、何時、何処で、どのようにモノを利用するのかシーン視点でコトの具現化をする属性の人達と思っています。(当時は全く考えてなかったですが。。。)

 

視点を変えて、
「私はエンジニアです。」、『I’m Product Designer』と区別すべきなのかというと、
私はそうではないと思います。
エンジニアでもコトを具現化できた方が良いし、Designerでも機能を考えた方が良いです。

 

『エンジニアだけど、デザインの視点も取り入れたい』、
『デザイナーだけど、機能をどう考えたら良いか身に着けたい』
という方は楽しい世界に足を踏み出してみませんか。この機会に、是非!

 

http://www.mono-coto-innovation.com/

コンサルタント:A