記事詳細

設計

設計はCADで図面を作成すること、
特に2Dから3Dになり、3Dプリンターが登場したことで、更にそう考える技術者が増え、
むしろ、技術者でなくとも設計ができる時代になってきている気がします。

しかし、MMRCの藤本教授が言われているように、
本来のものづくりは、設計情報に設計者の思いを作り込むこと、付加価値を設計情報に入れることが重要であり、
本当にそれができているのか?を客観的に見ることが必要です。

 

我々は標準化やモジュール化の活動を通じて、設計情報を体系的にとらえ、
本来の設計者の思いが設計の中に宿るよう微力ながら貢献していきます。

 

 

コンサルタント:Y