記事詳細

テックコラム

オリンピック

2020年の東京オリンピック、パラリンピックでは、大会ボランティア8万人、
東京都のボランティア3万人の募集をかけたそうです。
そして、大会ボランティアへの応募は目標の8万人を超えたというニュースがありました。

開催期間が酷暑ゆえ、ブラックボランティアを心配する声があるのも事実です。
また、有償ではなくボランティアなので、責任感ある対応がされるか疑問視するコメントを聞いたこともありました。

 

しかし、そもそも自ら応募した方々ですから、例え有償でもやらされていると思う人よりは、きちんとサポートしてくれると思いたいですね。
何事も、自らのやる気が大切ではないかと思います。

 

コンサルタント:M