記事詳細

お知らせ

O2グループ、LIGHTzがNEDO「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」を共同開発へ

株式会社O2(本社:東京都港区、代表取締役会長CEO:松本晋一)のグループ会社である株式会社LIGHTz(本社:茨城県つくば市千現、代表取締役社長 乙部信吾)は、NEDOの「Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業」で、異なる加工機や環境においても同一品質で金属を切削加工するための、精度補正AIシステムの開発に着手します。

本システムによって、国内メーカーが保有する加工技術ノウハウをAI化し、サービスとして提供する日本発・世界初の製造業プラットフォームの実現を目指します。

 

・異なる環境でも同一品質での切削加工を可能にするAIシステムの開発に着手
―日本発・世界初の製造業プラットフォームの実現を目指す―

事業名:Connected Industries推進のための協調領域データ共有・AIシステム開発促進事業/業界横断型AIシステムの開発/金属切削加工における精度補正システム開発【助成事業】
助成先:(株)LIGHTz
(共同・委託研究先:由紀ホールディングス(株)、オークマ(株)、(株)IBUKI、(株)O2、東京大学)
事業期間:2020年度~2021年度

 

今後も、O2グループでは日本の製造業の活性化や貢献へ、取り組んでまいります。

      

内容等詳細
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101388.html

LIGHTz:http://lightz-inc.com
IBUKI:http://ibki-inc.com