記事詳細

お知らせ

株式会社ラックランド及び同社子会社株式会社ハイブリッドラボとの 業務提携に関するお知らせ

O2(本社:東京都港区、代表取締役会長CEO 松本 晋一)は、株式会社ラックランド(代表取締役社長:望月 圭一郎、本社:東京都新宿区、証券コード:9612)及び同社子会社 株式会社ハイブリッドラボ(代表取締役会長:望月 圭一郎、取締役社長:石橋 剛、本社:宮城県石巻市、以下「HL社」。)との間で業務提携契約を締結いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。
  

今回の業務提携先である、ラックランドは1970年の創業以来、「食」を中心とする商空間の総合サービスを提供し、飲食業界や小売業界での多くの実績を積み重ね、2020年5月15日に設立50周年を迎えました。現在では従来の枠組みを超え、食に関わる店舗以外にも、物販店、サービス店、アミューズメント施設、病院等のメディカル関係、リゾートホテル、更には店舗のみならず、商業ビル、物流センター、食品工場などの企画・デザイン・設計・施工・メンテナンスといった様々な商空間の総合サービスを提供している商空間テック企業として、日本国内のほか、タイ、台湾、シンガポール等のアジアにおいても「世界でも期待される企業」を目指し成長し続けております。特に最近では、当社グループは技術力や営業力をつけてきたことにより、食品工場、物流センター、ホテル、商業ビル等の大型建築物において、元請け、または大手ゼネコンの協力会社として、建築分野は元より建築設備分野や食品設備分野の設計・施工も行い、多数の実績を出して参りました。食品工場分野においては、食品安全衛生の規格であるHACCP やFSSC22000 等の取得を前提とした先進的な物件において、数多くの施工実績を出しております。
  

また、同社は、今までの実績を下に、食品の鮮度維持や生産性を向上させる加工ライン等の研究開発及び食品加工・販売を行うことを目的に、2020年3月10日付でHL社を設立しました。HL社は、その社名に相応しく、当社グループの「ラボ(研究所)」としての機能を持たせ、当社グループにおいて電気、空調、給排水、冷凍冷蔵、各種設備分野の技術だけでなく、HL社が新たなる技術の研究開発機能を持つことにより、当社グループ各社の設備力に食品衛生面を加え、時代に向けたプラスアルファを提供いたします。例えば、食品の鮮度や品質を高度に維持したまま凍結、輸送ができる食塩水氷「ハイブリッドアイス」の製氷機や、株式会社ヤマザキが有するマイクロバブルの技術等を活用・実用化した設備により、美味しい、そして安全・衛生的な加工食品を製造した上で、クラウドキッチンに代表されるようなイニシャルの資金が少なくて済む魅力的な飲食店運営ビジネスパッケージ等を、HL社が製造した加工食品の供給も含め、お客様に提供する予定にしております。
  

一方、当社は、2004年の設立以来、製造業の設計に特化したコンサルティング会社として事業を行い、設立16年を迎えました。当社は、2013年8月に同社のエンジニアリング部門を分社化し、株式会社XrossVateを設立、2014年9月には、コンサルティング企業が製造部門を保有する新しい形を創造し株式会社IBUKIに参画、2016年10月には、新時代の“伝統のあり方”を創るAI企業として、同社グループ内に株式会社LIGHTzを設立しました。第7回ものづくり日本大賞 経済産業大臣賞「ものづくり+(プラス)企業」部門として株式会社IBUKI、株式会社XrossVate、O2社、株式会社LIGHTzの所属メンバーが受賞しております。2019年4月には株式会社浜野製作所、2019年10月にはエレファンテック株式会社と資本業務提携を実施して、O2グループと各提携先会社とのシナジーを活かして、製造業へ貢献しております。現在では、「日本人を元気にする。日本の製造業を元気にする。地方や国を元気にする。」という企業ビジョンの下、デジタル化実装、イノベーション創出を提供価値として、コンサルティングサービスを実施しております。また、社会課題の解決として、中高生によるイノベーションコンテストMONO-COTO INNOVATION、山形の高校生向けAI活動「やまがたAI部」の活動を通じて、教育への課題解決をしております。
以上が今回の業務提携を締結した各社の状況でございます。

  

当社としましては、現在、当社の中核事業であります製造業特化型課題解決を中心に支援し、今回、三者での業務提携により、株式会社ラックランド及びHL社の協力を得ながら、AIやIoT等の技術を取り入れた「設計・生産のデジタル化実装」と、既存技術の応用を通じた「新規事業創出・新製品/サービス開発」を行うことで、ソリューション拡大を目指すと共に、相乗効果を生みながら工場のDXを加速させて、新たな事業の確立に向け、更なる企業価値向上を目指します。

  

■業務提携の内容
当社が有する製造業やAI等の情報技術における知見を下に、株式会社ラックランドがソリューション企業として生まれ変わるためのコンサルティング業務を行います。
そのファーストステップとして、当社は、HL社が水産加工工場における生産性の向上策の立案や、生産性向上のために必要な技術の目利き、その技術の導入、実用化を行うことで、HL社の工場がスマート工場になり、製造業のお客様へ更に魅力的なソリューションを提供できる企業になるための各種助言を行います。
また、HL社の他、株式会社ラックランドにおいても工事現場における新技術を活用した施工方法等、ラックランドグループ各社において、当社から随時アドバイスを行い、ラックランドグループ全体として、ソリューション企業へ変革の助言をする予定としております。

  

株式会社ラックランド:https://www.luckland.co.jp/

■資料
株式会社ラックランド及び同社子会社 株式会社ハイブリッドラボとの業務提携に関するお知らせ

(PDF 593KB)