記事詳細

お知らせ

画像認識とAIを活用した「機械加工用工具の磨耗管理システム」
IBUKIが開発

株式会社O2(本社:東京都港区、代表取締役CEO:松本晋一)のグループ会社である株式会社IBUKI(本社:山形県西村山郡河北町、代表:松本晋一)は、画像認識とAIを活用した「機械加工用工具の磨耗管理システム」を開発したことをお知らせいたします。
 
IBUKIは、熟練技術者の暗黙知にしかない工具摩耗判定の技術伝承や判断のバラツキからくる過剰購入や加工手戻りなどの課題に対して、IoT/AIを活用した工具摩耗判定システムの開発に取り組んでまいりました。 

この度、グループ会社である株式会社LIGHTz(本社:茨城県つくば市千現、代表取締役社長 乙部信吾)の画像認識システムと機械学習アルゴリズムを組み合わせることにより、高い精度での工具摩耗判定システムを構築し、判定の人によるバラツキを低減することに成功しております。
 
今後も、「機械加工用工具の磨耗管理システム」では、より質の高い解析を開発するとともに、業務効率へと寄与する省人化の実現を図ってまいります。